FAQ |エンジェルコスメティックスの化粧品は天然由来成分を使用しています

FAQ

よくある質問とそれに対する答えを以下にまとめましたので、 ご覧になりたい項目をクリックして下さい。なお、下記の内容以外にご質問がございましたらお問い合わせに質問内容をお送り下さい。

  1. スキンケアにさっぱりタイプやしっとりタイプの区別が無いのはなぜ?
  2. 肌が乾燥するのでクリームや乳液を使っていました。スキンケアにはないのですが、肌は乾燥しませんか?
  3. エンジェルクレンジングはなぜ泡が立たないの?

スキンケアにさっぱりタイプやしっとりタイプの区別が無いのはなぜ?

健康なお肌は自分自身で刺激や乾燥からお肌を守ろうとする力を持っています。 化粧品では作りえない天然の保湿液ともいえる皮脂膜をきちんと作り、外部の刺激からお肌を守ってくれるのです。 しかし、お肌のバランスが崩れていると、皮脂膜を形成することができなくなり肌にトラブルが起こります。 スキンケアは、そのお肌の本来もっている機能を最大限に引き出し、バランスを整え、 皮脂膜をきちんと作れるお肌に改善します。なので、 どのようなお肌の方にも満足してご使用いただけます。

肌が乾燥するのでクリームや乳液を使っていました。スキンケアにはないのですが、肌は乾燥しませんか?

上記でお答えしたように、皮脂膜は化粧品にはかなわない天然保湿液です。 また、皮脂膜は皮脂腺と汗腺という器官から分泌されてお肌の表面に形成されますが、 肌表面にクリームなどの油分を含んだ化粧品をつけてしまうことにより、 各器官の機能がスムーズにはたらくなり、皮脂膜の形成をさまたげてしまいます。 長い間そのような習慣を続けると肌機能が低下し、乾燥が進行してしまいます。 また、お肌が乾燥するのは水分不足によるものです。お肌にしっかりと湿度を与え、 皮脂膜をきちんと形成しやすくしましょう。

エンジェルクレンジングはなぜ泡が立たないの?

お肌の汚れを落とす洗顔料は一般的にメイク落としと素肌用の洗顔に分かれますが、 エンジェルクレンジングはメイクも素肌の汚れも両方落とせます。また、一般的なメイク落としは、メイク汚れを 油分で溶かして落としていますが、油分は水で洗い流すことができません。 そのため、一般的なメイク落としには界面活性剤といわれる成分が用いられています。 界面活性剤は、石鹸などの泡の立つ洗顔料のほとんどに含まれています。 よく知られていることと思いますが、界面活性剤が肌に与える刺激は肌のバリア機能を低下させ、 お肌が外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。また、油汚れが残ったままお肌を放置していると、 毛穴の周りから肌が酸化し、肌サビの原因にもなります。 エンジェルクレンジングは肌の刺激になる界面活性剤・油分・アルコールを含まず、これまで常識だった「油汚れには油」 という理論ではなく、肌の汚れは肌と同じ成分で落とすという理論からできた洗顔料です。 毛穴や角質の奥に詰まった汚れもしっかり落とし、皮脂膜を形成しやすい肌環境をつくります。